お知らせ

投稿日:

東京都練馬区の外構工事はGreen arch(グリーンアーチ)にお任せ!

1.東京都練馬区の外構工事はGreen arch(グリーンアーチ)にお任せ!

エクステリアの外構工事は、新築やリフォームによって施工方法や費用が異なります。実は新築で外構工事を依頼するよりも、既存外構工事費用が高くなる場合があります。

また、お住いまの地域によって外構工事について特色があり、注意するべきポイントがあります。この記事ではこのように意外に知られていない情報を交えながら、練馬区の外構工事について詳しくご紹介します。

そしてライフスタイルの変化に合わせて、「どのような施工プランがあるのだろう?」という疑問にも答えていますので、ぜひ参考にしてみてください。そして気になる外構工事費用については、一般的な費用相場と施工事例を交えて解説していますので、これから外構工事を検討されている方は、ぜひ確認してみてください。

2.東京都練馬区で特有のエクステリアって特徴とかありますか?

居住する地域のエクステリアは、区が推進している施策によって大きく特徴が異なります。地域の特徴を調べずに外構工事を計画すると、費用面で損をするばかりか、街の景観を損ねる原因になることも。以下の記事では練馬区の外構工事の特徴や練馬区が推進している施策について詳しくご紹介していますので、ぜひ確認してみてください。

2-1.東京都練馬区の外構工事特徴1:なるべく自然素材を使用する

練馬区は「練馬区みどりを愛し守りはぐくむ条例」を施行し、区内の緑化活動を積極的に推進しています。

5年ごとに実施している『練馬区みどりの実態調査報告書(平成29年3月)』では、民有地と公共地のみどりの割合は、民有地である宅地が全体の54%を占めており、人が住むエリアは豊富なみどりが特徴的です。
宅地でみどりが多い理由の一つは、練馬区の外構工事の特徴でもある「生垣」があげられます。練馬区では生垣の外構工事費用の一部を区が助成していることもあり、道路に面した2m以上のもの生垣が平成29年3月時点で7,871箇所も在ります。生垣に使用できる植物は多種多様なため、街の景観は季節ごとに美しく彩られ、自然の風情感じられる街並みです。

練馬区ではほかにも緑化に関しての費用を一部助成しているため、造園などの外構工事を検討中の方は区で配布している「緑化助成パンフレット」を参考にしてみてください。

2-2.東京都練馬区の外構工事特徴2:みどりとの街並み

練馬区はみどりを増やす施策を積極的におこなっており、例えば「みどりの協定」制度では、条件を満たした地域に計画に沿って苗木を供給し、地域ぐるみで造園による緑化を図っています。

また「花いっぱいにぎわい事業」は小スペースにみどりに取り入れる施策です。沿道に軒をつらねる区民や事業者に、鉢花代などの費用を一部助成することで、花に溢れた潤いのある街づくりを目指しています。

練馬区では、『練馬区みどりの総合計画(平成31年4月)』として、今後10年間の計画と30年後の目標を定めています。練馬区にお住まいで、今後宅地や私有地の外構工事を検討されている方は、区が目指す「みどりの総合計画」を参考にしてみてください。

3.東京都練馬区の一軒家でガーデニングをしている方ってどんな庭ですか?

練馬区では区民のみどりへの意識の高いため、戸建ての大小に関わらず、ちょっとした小スペースでも花壇や植栽などの造園を施しているご家庭が多いエリアです。なぜそれほどまでに「みどりへの意識」が高いのでしょうか?区民意識調査や区の方針を紹介しながら解説します。

3-1.練馬区の住みやすさのポイントは「みどりが豊かで環境が良い」が第1位!

練馬区ではみどりへのニーズが高く、造園に役立つ大小さまざまな園芸店が点在しています。「買える植物園」とも呼ばれる「オザキフラワーパーク」は、首都圏最大級のガーデンセンターで、ガーデニングに必要なものは大体購入できるでしょう。
ほかにもカフェやフラワーショップが併設された総合施設や、口コミでの評価が高い園芸店が多いエリアです。

みどりへのニーズの高さは、練馬区で調査した『区民意識意向調査報告書(令和元年)』でうかがい知れます。
「住みよい」や「まあ住みよい」などの肯定的な意見が全体の92.7%にのぼり、その理由として「みどりが豊かで環境が良い」と答えた人が5割を超え、最も多い意見でした。また、満足度の高い施策として「みどりの保全と創出」と答えた人が77%という結果からも、みどりの多さが住みやすさと密接に関係していることがわかります。

3-2.個人宅のお庭を一般公開!ガーデニングのコツが聞ける「オープンガーデン」

練馬区は「オープンガーデン」と称し、個人や事業者が所有する花壇や庭を一般公開するイベントを開催しています。
行政が庭主を募集し、観に来た人が持ち主にガーデニングのコツを聞くなど、交流の場を提供しています。このようなイベントは口コミでも広がり、継続事業として地域に認知されています。

練馬区でのこのような施策は、造園の外構工事を受注する元請業者も知っておくべき事業です。
ほかにも行政が区民を募集し、苗木を植えるボランティアを募るなど区民協働の取り組みが盛んなエリアです。

これらの取組みは、「みどりのムーブメント」と命名され、『練馬区みどりの総合計画 』のなかで明記されています。
「みどりのムーブメント」は、「身近なみどりを『自分ごと』と捉え、守り育てることに参加する区民協働の流れ」と定義され、区民協働で「みどりのムーブメント」の輪を広げる活動が積極的に行われています。

4.Green arch(グリーンアーチ)は練馬区全域で対応!外構工事の種類を解説!

練馬区では自然と調和するようなデザインや施工が求められており、これは『練馬区景観ガイドライン』に明記されています。
練馬区で外構工事の元請業者はどのような工事が求められるのかを以下の記事で詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

4-1.街や自宅のみどりとの調和を生むカーポートの緑化

カーポートは一般的的に天井と柱だけで構成されています。天井を支える方法には、片側支柱タイプや両側支柱タイプなどがあり、天井の素材は金属やポリカーボネートなどさまざまです。カーポートは壁がないため、庭や家屋とのバランスが取れる素材を選んでください。

また、練馬区では街並みや公共のみどりとの調和が求められるため、カーポートに街並みを考慮したみどりを取り入れましょう。

カーポートを緑化することにより、無機質な素材が自然と調和し、街の景観とマッチします。
外構工事のGreen arch(グリーンアーチ)では、元請業者としての経験とガーデニング事業で培ったノウハウをそのままエクステリア事業に活かし、街の景観にあったデザイン・施工をご提案できます。

4-2.間接照明に照らされた植栽が印象的な「住まいの顔」

大切な来客を迎えたり、家族を送り出したりと「住まいの顔」ともいわれる門まわりは、外構工事でとくにこだわりたい場所です。
門柱は選ぶデザインやタイプによって仕上がりは全くことなります。

現代ではオープンタイプの区切らない門柱が主流ですが、住宅の壁や門扉、地面など総合的にデザインを調和させることが重要です。
門扉は、使用頻度が高いパーツなので、耐久性の高いものを選ぶと良いでしょう。門まわりは家の中と外をつなぐ機能性と、練馬区ではさらに街の景観を考慮した設計が求められます。街の景観を配慮する方法として、門まわりに植栽を取り入れてみましょう。
門まわりに施した植栽は、街のみどりと調和させる効果のほかに、夜間に間接照明で照らせば、印象的な門まわりを演出できます。

4-3.みどりに溢れた街並みを促進する生垣の効果

生垣は隣接する建物や道路に面して植栽を施す外構工事のひとつで、みどり豊かな景観づくりには欠かせません。
練馬区は自然豊かな街並みを目指し、生垣の採用を積極的に推進しているエリアです。
区は生垣や緑化フェンスなどの外構工事費用を一部助成し、行政と区民が協働でみどりの普及に努めています。

生垣は公共の自然と調和させる効果があるほか、意外にも防風や防音にも強く機能的です。生垣に利用できる植物は多種多様で、複数の植物を採用することで四季折々の違った印象を演出できます。例えば、マキ科マキ属の常緑高木の「イヌマキ」は、密に葉をつけるため遮蔽性が高く、剪定によって生垣の高をコントロールできることが特徴です。

また、バラ科カナメモチ属の花木の「レッドロビン」は春先から梅雨にかけて新芽や花の色の変化を楽しめます。近隣の生垣やご自宅の庭、建物などを考慮しつつ素敵な生垣に仕上げましょう。

4-4.植栽や花壇を効果的に使った温かみのある玄関アプローチ

玄関アプローチはご自宅の第一印象を左右し、住んでいる人のデザインセンスが問われる場所です。
構成要素は敷石、レンガ、枕木、タイルなどがあり、これらを組み合わせて作られます。シンプルにしすぎると無機質な冷たい印象を与えてしまい、逆に要素を詰め込みすぎると騒がしく感じてしまうため、デザインに悩まれる方も多のではないでしょうか。

そこで玄関アプローチをセンスよく見せる工夫として、植栽や花壇を効果的に施してみましょう。
敷石やコンクリートなどの冷たい印象を緩和させ、温かみのある印象を演出できます。

練馬区ではとくに玄関アプローチの低層部にかけて自然と調和するように求めており、植栽や花壇を効果的に使用したデザインを設計時から検討すると良いでしょう。

4-5.無機質な駐車場も緑化で自然豊かなスペースに

練馬区では、カーポートと同様に、駐車場スペースを目立たせない工夫として、みどりを施した外構工事を推奨しています。駐車場は車をはじめとした無機質な要素が多いスペースなため、緑化を増やし周囲の景観と調和させましょう。

例えば、駐車場のコンクリートの溝に芝生を敷くと、無機質な印象が緩和できます。
また道路に面する設備に植栽を施すことで隣接地とみどりが連続し、宅地での緑視率がアップします。芝生の枯れ具合が気になる方は、芝生の代わりに土間などの自然由来の素材を施すことで、周囲の自然と調和したスペースを演出できます。

駐車場を設計するさいには、カーポートも含めて緑豊かな外観になるようにみどりを増やし、無機質な空間が目立たないデザインを検討しましょう。

5.練馬区のお客様でお問合せを頂いた事例

お客様にとって外構工事のニーズはさまざまで、また口コミなどの情報により判断を迷われている方もいらっしゃいます。外構工事の元請業者としての責務は、お客様が言葉にできない潜在的なニーズをどこまで実現できるかが重要です。以下の記事ではお客様のご要望に対してどのような外構工事を施したかを事例を交えてご紹介します。

5-1.お問合せ事例1:ライフスタイルに合わせて、ガーデニングするのが楽しみになるような新築外構工事

Green arch(グリーンアーチ)は、お客様のライフスタイルやプランに合った外構工事をご提案しています。広いお庭を所有されている施主さまは、新築を機に家庭菜園やガーデニングを始めたいというご要望でした。そこで以下のポイントをご提案し、大変喜んでいただけました。

  • ・広いお庭が練馬区の自然豊かな景観と調和できるように、植栽を効果的に配置。
  • ・ガーデニングに便利な立水栓をもうけ、機能面にも配慮
  • ・玄関アプローチや門まわりに花壇や家庭菜園を施すことで、来客者への印象アップ
  • ・庭に小さなお子様が遊べるスペースを確保
  • ・お子様の成長に合わせて家庭菜園のスペースを広げられるように設計

5-2.お問合せ事例2:落ち着きのある門扉を作って欲しい

住宅の第一印象を左右する門まわりの外構工事で、「自然を使った落ち着きのある空間と門扉を作ってほしい」というリフォームのご依頼を承りました。
落ち着いた雰囲気はひとつ間違うと無機質な冷たい印象になってしまうため、「自然の温かみが感じられ、落ち着いた雰囲気をもつ空間」を提案させていただきました。

  • ・門扉にはアルミ形材が使用されていましたが温かみのある木質系のデザインに変更
  • ・建物と玄関アプローチの植栽が映えるように、門扉のカラーはオフホワイトを採用
  • ・落ちつきのある門まわりを演出する効果として、公道と隣接する低層部には植栽を配置
  • ・植栽は夜間に間接照明で照らすことで、昼間とは違った印象な自然美を演出

5-3.お問合せ事例3:住まいと一体化する自然素材のフェンスを設置したい

ご提案したフェンスの素材自体は、自然素材ではありませんが、フェンスに緑化を施したことで自然の力を借り、より落ち着きのある空間を創り出すことに成功しました。緑化フェンスは、落ち着きのある雰囲気を演出できるほか、近隣の住宅や公共のみどりと調和する効果が期待できます。

  • ・エクステリアと建物のカラーに配慮しつつ木調のフェンスを採用
  • ・目隠しには擬木を施すデザインをご提案
  • ・小さなお子様がお庭で遊ぶさいには、急に外に飛び出さないように簡易フェンスを取付け

練馬区では生垣や緑化フェンスの外構工事費用が一部助成されています。外構工事を検討されている方は区が配布している『緑化助成パンフレット』で、助成の条件に該当しているか確認してみてください。

5-4.お問合せ事例4:子供の成長などライフスタイルに合わせた駐車場を作りたい。

駐車場はライフスタイルの変化によって、スペースを有効活用できます。
Green arch(グリーンアーチ)では、お客様のライフプランをヒアリングさせていただき、現在と将来の利用方法をご提案させていただきます。
以下のご提案に加え将来的には駐車スペースをお庭に広げて、2台の駐車場にすることも可能なプランについても、大変興味を持っていただけました。

  • ・お子様はまだ小さいため、カーポートには車だけでなく、自転車やベビーカーが置けるスペースを確保
  • ・お子様が今後自転車に乗ることを想定し、屋根付きのサイクルポートをご提
  • ・カーポートの天井素材は直射日光に強い素材を採用し、お子様が車に乗るさいに車内の温度上昇が抑えられるように配慮

5-5.お問合せ事例5:和風の家づくりにあわせたオープン外構

和風のオープン外構のご依頼でしたが、施主さまからのヒアリングで、和モダンのテイストが強いデザインをご提案しました。施主さまからは、ご自身のイメージが表現されたオープン外構を大変気に入っていただけました。

  • ・伝統的な日本庭園の素材を取り入れながらも、エクステリアの木目と敷石をランダムに施し、スタイリッシュさを加味したオープン外構に設計
  • ・駐車スペースには自然素材の土間を採用し
  • ・門柱は落ち着きのある感じられる黒の天然石を採用
  • ・お庭、フォサード、駐車スペースには、植栽を効果的に施すことで、和のテイストを強調

6.練馬区の外構工事の予算感や目安費用とは

エクステリアの外構工事は、施工箇所や資材、工法などによって価格が変動します。また新築や既存の外構工事の違いでも概算が異なります。以下の記事では施工事例や一般的な費用相場を参考にしていますので、予算感の参考にしてみてください。

6-1.ウッドデッキを取り付けた時の予算感

ウッドデッキはお庭への段差をなくし、家族でくつろぐ場として、また家事スペースとしても活用できます。設置場所や素材、ご要望によって外構工事費用は変動しますが、一般的なご依頼の費用相場は20万円~78万円です。

例えば、築1年の木造二階建てで、360×320cmの庭にウッドデッキを取り付ける事例では、メンテナンスフリーの人工木素材を採用しました。人工木素材のウッドデッキは変色しにくく、土台や柱にアルミ製の素材を使用しているため、耐久性にも優れています。

また、色落ちなどの塗装が不要なこと、目地幅が狭くペットの爪が引っ掛からないことも喜んでいただけました。この事例ではウッドデッキ代+取付け費+副資材代+諸経費となり、一般的な費用相場の範囲内での施工となりました。

6-2.駐車場の増設工事の費用感

「20歳を迎えた娘が車を購入したため、駐車場の増設を検討している」というご相談をいただきました。一般的な費用相場は、リフォームで駐車場を増設する場合で28万円~100万円と施工条件の違いによりレンジがあることが特徴です。

例えば、更地に駐車場を作る場合よりも、既存の庭に手を加えて駐車場を増設する方が高くなります。今回のケースでは後者にあたるため、費用感は高くなることをお伝えしました。

主な施工内容はブロック塀の撤去、植栽の撤去、土留め施工、土間コンクリート敷き、カーポートの設置、駐車場スペースの植栽などです。ガレージも検討いただきましたが、200万円以上の費用がかかることから、カーポートを採用しています。

6-3.照明設置工事の予算感

照明設備は防犯などの機能面で重要な設備ですが、夜間にお宅を魅力的に照らし出す必須のアイテムです。またライフスタイルの変化により、手すりやスロープを照らすなど安全面で設置が必要な方もいることでしょう。

新築外構工事では予算の関係で、設置できなかった箇所に新たに増設したいなど、リフォーム工事としての問い合わせがあります。一般的な費用相場は、設置費用と配線工事費用を合わせて、1カ所あたり3万円~4万円です。

エクステリア用の照明は、ポールタイプやスポットライトタイプ、門灯タイプなどがあり、なかでもスポットライトタイプは部材が多いため、他のタイプより取付け費用が高くなる場合があります。

防犯性をアップしたい方はセンサーライトの設置がおすすめです。センサーライトの商品相場は、1.5万円~4万円で、そこに1カ所あたり1万円の工事費用を想定しておくとよいでしょう。

6-4.玄関アプローチの改修工事

住まいの顔ともいえる玄関アプローチは、道路に面した門まわりから玄関に至る通路まで、大切な来客者を迎える上でとくにこだわりたいエクステリアです。
機能性とデザイン性が乖離することなく、建物や周囲の環境となじむような設計が求められます。玄関アプローチは30万円~60万円の予算感で工事を依頼される方が多く、一般的な相場の参考になるでしょう。

例えば、築2年の木造二階建てのお宅で80×80cmの敷地で、平坦なアプローチにしたいというリフォームでは12万円~30万円の幅でデザインプランをご提案しました。

お見積価格は「素材」「デザイン」「面積」により変動しますが、予算の範囲内で出来るだけイメージを実現できる業者を選ぶことが重要です。

6-5.新築工事の外構工事の費用感

新築の外構工事は、建物建設費用の10%程度を投じるとバランスの良いエクステリアになります。
お庭の広さ、施工内容などの条件によって費用は変動しますが、一般的には100万円~300万円の範囲での依頼が多く、場所ごとに50万円~100万円の予算感を想定しておきましょう。

例えば、門まわり(門塀・門扉・表札・ポストの施工)は15万円~30万円、玄関アプローチは30万円~60万円が費用相場です。庭は1平米あたり1万円からの工事が多く、50万円~100万円の依頼が新築外構工事の予算感になります。植栽は練馬区でオーダーが多く、一式5万円~10万円ほどの予算で景観にマッチしたエクステリアを演出できるでしょう。

庭は1平米あたり1万円か具体的な事例では、駐車場(土間打ちコンクリート・スリットに玉竜・砂利等)・玄関アプローチ(枕木・砂利等)、門柱(木製樹脂角柱・インターホン・門柱照明・ポスト・表札)・目隠しフェンス、庭(犬走り・防草シート砂利敷き)等の施工内容で70万円~84万円のプランをご提案しました。

7.東京都練馬区の外構工事についてのまとめ

練馬区はみどり街づくりを推奨し、外構工事も街並みや公共のみどりとなじむような工夫が求められています。
また区民の意識調査では「住みやすさ」の理由として、「みどりが豊かで環境が良い」と答える人が5割に上り、みどり豊かな環境に対して意識が高いエリアであることをご紹介しました。

区が推奨する『練馬区景観ガイドライン』では、外構工事の際に留意すべきポイントが明記されており、とくに路面と隣接する箇所には植栽や花壇を施し、自然となじむような外構デザインを心がけましょう。

Green arch(グリーンアーチ)では、練馬区の外構工事の特徴や、お客様のライフスタイルを考慮した外構デザインをご提案させていただきます。練馬区で外構工事を検討されている方はぜひご相談ください。

和光市・新座市・練馬区などの外構工事はGreen arch(グリーン アーチ)
ただいま、業務拡大につき外構工事スタッフ求人募集中
〒352-0034 埼玉県新座市野寺4-2-14
電話:048-485-1042 FAX:048-485-1061

この記事を書いた人

カテゴリー お知らせ

関連記事

赤堤で壁作り

赤堤で壁作り

型枠で基礎立ち上げからの型枠ブロック工事です。 涼しくて助かります。 …

朝霞市でガーデニングならGreen arch(グリーンアーチ)にご依頼ください。

朝霞市でガーデニングならGreen ar…

この記事は朝霞市でガーデニングをお考えの方に向けて、初心者の方でも育てやすい植物やガーデニングにおす …

越谷市 u様邸

越谷市 u様邸

こんにちは、埼玉県新座市の株式会社Green archです。 弊社はエクステリア工事・外構工事などを …