お知らせ

投稿日:

練馬区でカーポートを設置する為に抑えておきたいポイント5つで解説

練馬区でカーポートを設置する為に抑えておきたいポイント5つで解説

こちらの記事では、練馬区にお住まいでこれからガレージ・カーポートの設置を検討している方に向けて、主に以下の5つの情報について詳しく解説しています。

1.練馬区は車を所持しやすい?
2.ガレージ・カーポートを設置する目的
3.ガレージの種類と相場
4.カーポートの種類と相場
5.ガレージとカーポートのメリット・デメリット

例えば、駐車場に土間コンクリートを採用することは決まっているけれど、「ガレージにしようか、カーポートにしようか?」と悩んでいる方は、これからご紹介する記事を外構工事の参考にしてみてください。

1.練馬区で車を所持する場合にガレージ・カーポートを検討する理由

練馬区の家賃は、葛飾区や足立区、江戸川区についで安いことが特徴で、自家用車を所持しやすいエリアです。車での移動は「関越自動車道」の練馬ICがあるため、埼玉県や群馬県、新潟方面など他県に容易にアクセスできます。しかし、せっかくの自家用車も雨風や直射日光に、常に晒される状態だと塗装の劣化や水垢の原因になり、大切な車の価値を下げてしまうでしょう。

こちらの記事では、練馬区にお住まいで新築の戸建住宅や新たに駐車場を増設する方に向けて、ガレージ・カーポートの種類やそれぞれのメリット・デメリットなどの情報を交えながら詳しく解説しています。こちらの記事を参考に、ガレージ・カーポートの設置をぜひ検討してみてください。

1-1家賃が安い練馬区は車を所持しやすいエリア

都心エリアの千代田区や中央区、港区などの家賃相場は12万円代と、車を所持するには少々高い家賃ですが、練馬区の家賃相場は7万5千円と23区内では低めの相場感です。練馬区では家賃で浮いた費用を車の維持費にあてられるため、車を所持しやすく車での移動が多い方に向いています。しかし、せっかくの自家用車も屋根なしの駐車場では直射日光や風雨によって劣化してしまうでしょう。練馬区内の賃貸物件をお探しの方は、できればカーポート付きの駐車場をおすすめします。

1-2練馬区で車を所有するメリット

練馬区は関越自動車道の練馬ICがあるため、県外へのアクセスが容易で、また国道254号線と環状八号線が通っており、車を所持する利便性は高いでしょう。また練馬区では緑化活動に力を入れており、ガーデンセンターの利用頻度が高いことも特徴にあげられます。首都圏最大のガーデンセンターである「オカザキフラワーパーク」は、大型駐車場を備えており、重量のある植物や肥料などを購入するときは、車でのお買い物が便利です。

2ガレージ・カーポートを設置する目的とは?

新築の戸建てを検討するときに、多くの方が駐車場を含むエクステリアに関して頭を悩ませます。「雑草が生えず、車が汚れないように土間コンクリートを採用したい」「景観を考慮して駐車スペースにも植栽をあしらいたい」など、施主によって意見はさまざま。しかし、最も肝心なことは、大切な資産である車の価値を下げない駐車場にすることではないでしょうか。こちらの記事ではガレージやカーポートを設置する目的について詳しく解説します。

2-1車を保護するだけでないガレージの利用方法

ガレージは四方を壁で囲われており、出入り口にシャッターを設置した駐車場です。「車を停める場所」という意味ではカーポートと目的は同じですが、優れている点が2つあります。

・防犯性や耐久性が高い
・趣味のスペースとして利用できる

近年増えている大型の台風もガレージは四方が壁で囲まれているため、大切な車やバイクを強風から守ることができます。また、シャッターを閉じて施錠すれば窃盗などの被害にあう可能性が低くなります。さらに四方を囲まれた空間のため、DIYやバイクなど趣味のスペースとして利用可能です。詳しく製品情報を知りたいお客様は、サイトから無料で資料を請求できるので取り寄せて確認してみてください。

2-2ローコストで大切な車をしっかり守るカーポート

カーポートは、四方を壁で囲ったガレージとは異なり、柱と屋根だけの簡易的な駐車スペースです。雨風が強いときに濡れずに乗り降りでき、大切な車を直射日光による劣化から防ぎます。カーポートの主なメリットは以下の2つです。

・初期費用を抑えられる
・敷地面積に合わせて設置しやすい

例えば、せっかく駐車スペースに土間コンクリートを使用していても、風雨や日光に晒されていれば劣化を早めてしまいますが、カーポートを設置していれば車もエクステリアも保護できるでしょう。

3ガレージの種類と相場について

ガレージはカーポートの設置に比べ、費用が高額になるというイメージがありますが、設置後の有用性や使用方法などを考慮すると、実はそこまで高額ではない設備です。駐車場の床に水はけの良い土間コンクリートを採用するなど、ご自身の用途に合わせて検討してみてください。ガレージの種類には大きく分けて、「独立ガレージ」と「ビルトインガレージ」があり、素材はスチール製と木製から選べます。

また、シャッターは手動式や電動式がラインナップされており、組み合わせは豊富です。こちらの記事ではガレージの種類と相場感をご紹介していますので、工事料金の参考にしてみてください。

3-1敷地のスペースを有効活用できる独立シャッター

独立シャッターは、敷地内の一角を駐車場のスペースとして使用し、そこに独立ガレージを設置します。四方を取り囲むタイプのものから、格子状のものなどバリエーションが豊富なため、ご自身のニーズにマッチした独立シャッターを選んでみてください。独立シャッター(手動)の設置相場は、¥497,249~¥1407,659で、電動式よりも安価で購入できます。

3-2ビルトインガレージ(手動)

ビルトインガレージは、住宅の1階部分をガレージとして使用するため、建物の強度を考慮する必要があります。リフォームの場合は、住宅の間取りが大きく変わるため十分にプランを練ることをおすすめします。また、住宅が隣接している場合は防音対策にも留意した方が良いでしょう。設置相場は、¥151,025~¥259,314で、電動式よりも安価で購入できます。あとから電動式へ切り替えることもできますが、工事料金などのコストがかかります。

3-3独立シャッター(電動)

シャッターには、スムーズな開閉が特徴の「オーバースライダー式」と、小スペースに機器が収まる「巻き上げ式」があります。「オーバースライダー式」はスムーズな開閉を実現する反面、天井部分に収納するための天井高が必要です。「巻き上げ式」は収納に場所を取らないメリットがありますが、開閉音が大きいデメリットがあります。いずれの収納形式でも電動式が用意されており、独立シャッター(電動)の相場は大体、¥702,427~¥3,147,496です。

3-4ビルトインガレージ(電動)

ビルトインガレージでも電動式のシャッターを採用することができます。雨風が強いときに車から降りずに開閉できます。ビルトインガレージ(電動式)は、手動式のものよりコストがかかりますが、車を毎日利用する方には、電動式をおすすめします。 ビルトインガレージ(電動式)の相場は、¥250,043~¥494,120です。

4カーポートの種類と相場について

駐車場に施された土間コンクリートや、大切な車を直射日光や雨風から守ってくれるカーポートですが、さまざまな種類があります。所有している車の台数、敷地面積の形状を考慮してご自身にあったカーポートを設置しましょう。こちらの記事ではタイプの異なるカーポーの相場についてご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。また、ご自身が検討している同タイプのカーポートを設置したお客様の口コミサイトなども確認してみましょう。

4-1片流れタイプ<1台目>

片流れタイプ<1台目>は、片側に支柱2本が設置されたタイプで、片側支持タイプとも呼ばれています。屋根は支柱側に雨水が流れるように傾斜を付けて設置されます。非常にシンプルな造りで、限られた駐車スペースを最大限に活用でき、施工費も抑えられるカーポートです。片流れタイプ<1台目>の相場は、¥99,800~¥796,763です。

4-2両足支柱タイプ<1台目>

両足支柱タイプ<一台目>は、4本の支柱で屋根を支えているカーポートで、両側支持タイプとも呼ばれています。屋根は左右の支柱からアーチ状に作られているものが一般的で、雨水は両側に流れます。片流れタイプに比べ、耐風・耐雪性に優れており、高い安定感があります。両足支柱タイプ<一台用>の相場は¥198,458~¥1,194,402で、片流れタイプよりは費用がかかります。

4-3延長タイプ<1.5台用>

片流れタイプ<1台用>には延長タイプもラインナップされており、車1台に加えて自転車や原付バイクを駐車するスペースとして活用できます。延長タイプの相場感は、¥162,684~¥849,893で、価格の幅は延長サイズや素材によるものです。小さなお子がいて将来的に自転車を停めるスペースが必要な方は、延長タイプを選んでみてはいかがでしょうか。

4-4ワイドタイプ<2台用>

ワイドタイプ<2台用>は、両足支柱タイプで2台の駐車スペースを保護できるカーポートです。4本支柱で屋根を支えており、屋根の形状はフラットで傾斜をつけたものやアーチ状のものがあります。ワイドタイプ<2台用>の相場は¥193,805~¥3,617,394で、使用している素材によっても価格が異なります。ライフスタイルの変化によって、車を2台所有することになった方からのニーズがあるカーポートです。

4-4M合掌タイプ<2台用>

M合掌の説明と相場についての記入をお願いします。
M合掌タイプは、片流れタイプ<1台用>を2台使用し、中央で連結させたカーポートです。元々片流れタイプ<1台用>を設置していて、2台目の車を所有するタイミングで、M合掌タイプ<2台用>にできます。M合掌タイプ<2台用>の相場は、¥225,702~¥1,958,143です。

4-5Y合掌タイプ<2台用>

Y合掌タイプ<2台用>は、片流れタイプ<1台用>の支柱同士が隣接し、正面から見た時に支柱と屋根がYの文字に見えるカーポートです。住宅やエクステリアの雰囲気から、M合掌タイプにするか、Y合掌タイプするかを検討してみてください。Y合掌タイプ<2台用>の相場は、¥227,068~¥714,736です。

4-6縦連棟タイプ<2台用>

縦連棟タイプ<2台用>は、片流れタイプ<1台用>を縦に2つ繋げた形状のカーポートで、支柱は4本あります。奥行きのある敷地で、車を2台所有している方に向いているカーポートで、縦連棟タイプ<2台用>の相場は、¥220,937~¥2,029,335です。

4-7後方支持タイプ<2台用>

後方支持タイプ<2台用>は、特殊な構造を採用することで、支柱を後方に揃えることを可能にした特殊支持タイプです。 左右に支柱がないため、柱を気にすることなくスムーズに駐車できます。後方支持タイプ<2台用>の相場は、¥369,396~¥1,288,045と、他のタイプに比べ費用は高めです。

4-83台用ワイド

3台用ワイドは、ワイドタイプ<2台用>よりさらに1台多く駐車できるカーポートです。3台用ワイドの相場は¥435,224~¥2,079,748で、高額なものは支柱の本数が多く、耐風性に優れたものがラインナップされています。支柱本数や屋根の素材、構造によって価格は変動するでしょう。

4-94台以上

4台以上の車が停められるカーポートは、ワイドタイプ<2台用>を横に連結したタイプやワイドタイプの支柱を増やしたものなどがあります。また、前列に2台、後列に2台駐車できるカーポートもあり、敷地や用途に合わせて選んでみてください。4台以上のカーポートの相場は、¥421,113~¥4,688,420です。

5ガレージ・カーポートを設置するメリット・デメリットとは?

外構工事には、多種多様な素材や工法がありそれぞれにメリット・デメリットが存在します。例えば、駐車場に多く採用されている土間コンクリートは、「雑草が生えにくい」、「水はけが良い」というメリットがありますが、「初期費用がかかる」「ひび割れしやすい」というデメリットがあります。こちらの記事では、ガレージ・カーポートのそれぞれのメリット・デメリットについて詳しくまとめています。

5-1ガレージとカーポートそれぞれのメリット

ガレージとカーポートを設置する共通のメリットは、大切な車を直射日光や雨風から守り、劣化を防ぐことでした。こちらの記事ではそれぞれのメリットについてまとめました。

ガレージを設置するメリット
・四方が壁に囲まれているため耐風性に優れている
・シャッターが付いているので防犯性が高い
・ガレージの空間を趣味のスペースとして活用できる
・シャッターを開放すれば、BBQなど家族や知人との団欒スペースに活用できる

カーポートを設置するメリット
・設置費用がガレージよりもコストがかからない
・施工期間が短い
・敷地に余裕があれば拡張性を見込める

5-2ガレージとカーポートそれぞれのデメリット

ガレージ・カーポートについて共通したデメリットはありませんが、それぞれのデメリットについてまとめました。

ガレージを設置するデメリット
・初期費用がかかる
・シャッターが手動だと乗り降りのときに不便
・ライフスタイルの変化に合わせたリフォームがしづらい

カーポートを設置するデメリット
・四方が囲われていないため防犯性が低い
・耐風性がガレージほど高くない
・雨風が強いとき、吹き込む可能性がある

6まとめ

練馬区は23区のなかでも家賃が安く、車を所有しやすい土地柄です。練馬区ICや国道が発達していることから、県外や都内へのアクセスも容易にできるエリアでした。東京23区は車を所持しにくいというイメージがありますが、練馬区は比較的車を所持しやすく、車で立ち寄れる施設も豊富な地域です。そんな練馬区にお住まいで、大切な車を保護してくれるガレージ・カーポートの購入を検討している方に向けて、ガレージ・カーポートの種類や特徴、相場について詳しく解説してきました。ガレージ・カーポートを設置する目的は、資産である車を直射日光の劣化から防ぎ、雨に濡れずに乗り降りできることです。また、駐車場に採用している土間コンクリートなどもガレージ・カーポートを設置することで、経年劣化を防ぐことができます。ガレージ・カーポートを設置しているお客様の評価は、口コミサイトなどでも確認できますが、忙しくて調べる時間がない方は、相談無料のこちらのホームページからお問い合わせください。

和光市・新座市・練馬区などの外構工事はGreen arch(グリーン アーチ)
ただいま、業務拡大につき外構工事スタッフ求人募集中
〒352-0034 埼玉県新座市野寺4-2-14
電話:048-485-1042 FAX:048-485-1061

この記事を書いた人

カテゴリー お知らせ

関連記事

練馬区で玄関アプローチの設置をお考えの方へ | Green arch(グリーンアーチ)にご依頼ください。

練馬区で玄関アプローチの設置をお考えの方…

練馬区で玄関アプローチの設置ならGreen arch(グリーンアーチ)にお任せ! こちらの記事では練 …

越谷市 u様邸

越谷市 u様邸

こんにちは、埼玉県新座市の株式会社Green archです。 弊社はエクステリア工事・外構工事などを …

卒業・入学シーズン到来!この春は新しい職場で新たな一歩を!

卒業・入学シーズン到来!この春は新しい職…

卒業・入学シーズン到来! こんにちは。 卒業・入学シーズンが到来しましたね。 私の周りでも思い出の詰 …